楽に痩せたい!そんな方にピッタリの痩身エステ。痩身エステといってもやり方や種類もいろいろあって、一番どれが痩せるのか分からないとお悩みの方も多いハズ。 ここでは、各痩身エステの口コミや料金、施術方法を詳しく解説しています。しっかり通えば誰でも痩せる痩身エステですので、「痩せない」「効果がない」と後悔しないためにも評判をチェックして自分にピッタリのエステサロンを選んでください。

部分やせ

二の腕を細くしたい!なかなか痩せない二の腕の脂肪をスッキリ部分痩せする方法

投稿日:

女性がスリムで理想的な体型を目指すにあたって、二の腕というのは大きな関門であることは間違いありません。

ここでは、そんな二の腕の脂肪とダイエットについてご紹介していきます。

二の腕の脂肪

二の腕には脂肪がつきやすい

しっかりと毎日運動をして、けっしてサボっているわけではないのに、二の腕についた脂肪が取れない、こんな方は結構いらっしゃいます。

なぜでしょうか。

もっとも大きな理由としては、二の腕という部分が日常生活であまり使われない部位であるからでしょう。

私たちは普段生活の中で多くの物事を手や腕を動かして行っています。

しかし、力をこめたり、使ったりする場合、多くにおいてもっとも使うのは、前腕である肘より手側の筋肉、そして肘より少し体側に位置する上腕二頭筋と呼ばれる筋肉です。

この上腕二頭筋は主に腕の内側についており、力のある人やよく運動を行っている人にとっては、この部分が発達している人も少なくありません。

また、もともと筋肉が太いこともあり、全体的に筋肉がつきやすく、脂肪がつきにくいこともわかります。

一方で、二の腕と呼ばれる肘の裏側においては、この上腕二頭筋とは間逆の性質を持つ筋肉があります。

これが上腕三頭筋です。

この筋肉は、力をこめて自分のほうへ手繰り寄せる上腕二頭筋とは異なり、自分から遠ざける方向に力を使う筋肉でもあります。

実生活においては、圧倒的に自分に引き寄せる方向に筋肉を使うことがおおいことからも、この上腕三頭筋の筋肉を鍛えることが難しいことがわかるでしょう。

使わない部位にはますます脂肪がつく

一見よく使っているようで、うまく使えていないのが二の腕という部位です。

この部位をあまり使わないことでどのような状態となりやすいのでしょうか。

もちろん使わないということは筋肉が発達しにくいということが挙げられます。

その分、脂肪がつきやすいというのも納得でしょう。

筋肉は使わないと衰えていき、何割かは脂肪になりやすいといわれています。しかし、もっとも怖いのは、脂肪や動かさないことによって老廃物が蓄積してしまうことです。

老廃物が蓄積しやすいひとつの原因として、リンパの流れが阻害されてしまうなんて恐ろしい・・・。

私たちの身体は、動脈と静脈によって、絶えず血液が循環するようにできています。

しかし、血管から離れた組織に実際に栄養を運ぶのは、血管の隙間から漏れ出た液体成分であり、この組織液は細胞の間をとおりぬけ、最終的にはリンパ管と呼ばれる管へと還っていきます。

直接細胞に栄養を届ける代わりに、細胞や組織間の不純物や老廃物も一緒に回収していくのが組織液です。

腕を動かさなくなると、必然的に組織には老廃物がたまりやすくなります。

老廃物がしっかりと除去しにくい環境では、新しい組織が健康に育たず、新陳代謝も滞りがちであるため、どうしても脂肪がついてしまうのです。

一度脂肪がつくと、かなり体積を取ることになりますから、リンパの流れはますます悪くなってしまいます。

もっとも悪いのは、老廃物と脂肪組織が混ざり合ってしまうことです。こうなると、脂肪組織は硬く、分解しにくく変質してしまいます。

これがセルライトと呼ばれる物質です。

二の腕は構造的にもこのセルライトがつきやすい部位のひとつといえるでしょう。

ダイエットの前に女性は多少脂肪がついていることを知ろう

黙っていても脂肪がつきやすい二の腕は、脂肪を積極的に落とそうと多くの人が躍起になります。

しかし、多くの女性の中には、実はそんなについていないのに、無理に二の腕の脂肪を落とそうと無理をしてしまう人も多いのが現実です。

女性にとって、「つまんで皮しか残らないほど細い」というのは、非常に危険な状態であるということをまず理解しましょう。

女性は男性と比べても、身体的に皮下脂肪がつきやすい構造をしてします。

これは、女性が妊娠をし、お腹の中に赤ちゃんがいる状態でも安全に生活が送れるように進化したからでもあります。

実際に、女性のほうが男性よりも10%ほど皮下脂肪が多いのが平均であり、そしてこれがもっとも自然で健康的であるということが研究により判明しています。

無理なダイエットで著しく脂肪を損なってしまうと、身体が極端に冷えやすくなり日常生活に支障をきたしたり、生理が不順となり女性機能に障害が出てしまうこともあります。

身体の肥満度を測定する指標として体脂肪率という指標がありますが、この指標においても、女性のほうが男性よりも10%多く標準値ができているものです。

実際に客観的に判断できる数値ですから、ぜひ体脂肪を測定できる体重計や専用の機械で測る機会がある場合には、自分がどのくらいの位置にいるのかを知っておきましょう。

また、人によっては脂肪でなく、生まれつき組織間の結合が柔らかく、皮が伸びるタイプの人もいますから、本当に脂肪が原因でたるんでいるのかをしっかりと判断する必要があります。

わからない場合には、かかりつけの病院などで専門家に尋ねてみてもよいですね。

そうはいっても落としたい二の腕の脂肪!二の腕ダイエットにおすすめの方法

少しでも細く見せたいのが女性の性というものです。

具体的にどのようなダイエット法があるのか見ていきましょう。

二の腕にピンポイントにきく体操

二の腕、特に上腕三頭筋は鍛えるのが難しいといわれています。これは同時にその部位についた脂肪にアプローチするのも難しいということです。

二の腕を鍛える体操のやり方は、まず、まっすぐ立って肩や腕の力を抜きます。

この状態で、手広げないように、外側、内側と回転させる運動で、腕の外側に効率よくアプローチしていきましょう。

また、腰を落として曲げ、前にかがむような姿勢をとったら、手の平を上にあげ、腕をまっすぐ後ろに伸ばします。

この状態で、腕を上げ下げする運動を行っていきましょう。

これによって普段使わない上腕三頭筋をアクティブにすることができますね。

この状態でしっかりと力をかけて行っていきましょう。

ちょっと付加をかけたい人向け二の腕ダイエット

物足りない人には、やや本格的な二の腕ダイエットをご紹介していきます。

このダイエットは、簡単に説明すると腕立て伏せの逆バージョンといえばわかりやすいでしょうか。

仰向けになり、身体をまっすぐに伸ばす必要はありません。

足は曲げた状態で、かかとと腕で身体を持ち上げていきます。

足の位置で負荷を調整することができるのが良いですね。

かかとに重心を乗せた状態で、腕は肩から床へ垂直に下ろすのがポイントですね。

これが物足りない人にとっては、片足ずつ空中に浮かせて負荷をかけましょう。

両足を交互に足を浮かせた状態で、腕立て伏せの逆を実践していきましょう。

身体を沈めるときは、もちろん腕をまっすぐ曲げていいのですよ。

結構きついですが、かなり効果のあるトレーニングです。

 

他にも

 

マッサージでリンパの流れを良くしよう

老廃物がなるべくたまらないように、マッサージを念入りに行っていくことも大切です。

ここで大切なのは、必ず手先から身体の中心の方向へと流れるのを意識して行っていくことです。

逆側にマッサージしてしまうと、老廃物が末梢に溜まってしまうので注意が必要です。

力をかけたままゆっくりと大幹へ移動するイメージを持ちましょう。

両方ずつゆっくりいたわるように行っていくのがポイントです。

身体の温度を上げたほうが効果がありますから、お風呂上りが効果的です。

また、終了した後は、老廃物の排泄を運河酸い味でも、積極的に水分を取りましょう。

それでもだめならエステにいこう

なかなか自分でハードなトレーニングをしても、いまひとつ効果がない人もいるでしょう。

そうした人は、ひょっとすると脂肪がセルライトになってしまっており、簡単に分解できない状態なのかもしれません。

痩身エステサロンでは専用の機械と最適な環境、そして卓越した技術をもったエステティシャンによって、確実に効果のある施術を受けることができます。

おすすめの痩身エステはこちら

効果があるかどうかわからない、すぐに飽きてしまう人にとっては、こうしたサービスを利用すると、もっとも手軽に、意外とリーズナブルに二の腕美人になれることでしょう。

いかがでしたか?

二の腕に脂肪が付きやすい原因と、二の腕を細くするダイエット方法についてまとめました。

二の腕はなかなか落としにくい部位ですが、少し工夫するとアプローチしやすいことがわかります。

また、本来脂肪がつきやすい場所であることも念頭に入れ、自然に落とせる範囲でダイエットしていくことが大切ですね。

是非参考にしてみてください。

-部分やせ

Copyright© 本当に痩せるエステはどこ?!人気の痩身エステ・口コミランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.