楽に痩せたい!そんな方にピッタリの痩身エステ。痩身エステといってもやり方や種類もいろいろあって、一番どれが痩せるのか分からないとお悩みの方も多いハズ。 ここでは、各痩身エステの口コミや料金、施術方法を詳しく解説しています。しっかり通えば誰でも痩せる痩身エステですので、「痩せない」「効果がない」と後悔しないためにも評判をチェックして自分にピッタリのエステサロンを選んでください。

部分やせ

【背中 痩せ】背中にお肉がつきやすい3つの原因と効果的な部分痩せ方法

更新日:

全身の脂肪が気になるという方も多いですが、中には部分的な脂肪が気になるという方もいます。

例えば「顔はそんなに太っていないのに、背中に脂肪がたっぷり」なんてこともあるでしょう。

そこで、この記事では背中に脂肪がつきやすい原因と対策、部分痩せする方法などを細かく解説していきます。

背中に脂肪がつきやすい原因

背中は普段からあまり目にすることがないため、気付いた時には脂肪がついていることもあるでしょう。

そんな背中の脂肪には複数のタイプがあります。

まず、加齢によって脂肪がついてしまったパターン、それと猫背によるパターン、さらには単純に太り過ぎているパターンです。

どのパターンも、背中の脂肪が溜まっていて、非常に不格好になってしまっていることが多いです。
それぞれのパターンごとに原因をさらに細かく見ていきましょう。

加齢によって脂肪がつきやすくなる

男性もそうですが、女性は特に加齢によって身体に影響が出てくることも多いです。

加齢は誰もが不可逆的に感じるものですが、年齢を重ねることによって背中にも脂肪が定着してしまいます。

そもそも、年齢を重ねると運動をすることも少なくなるため、背中などの脂肪が落ちにくい場所に一度定着すると落ちにくいです。

見た目はスマートなのに背中がたるんできたという方は要注意。

さらに、年齢を感じることが多くなった方なども注意が必要でしょう。

それと加齢によって背中に脂肪がつく原因の多くは、運動不足が多いです。

人間は運動をすることによって、脂肪を燃焼します。

身体は脂肪を蓄えて、それを燃やして活動しているのです。

当然ですが、燃焼するための運動をせずに生きていると、背中にたっぷりと肉がついてくることは容易に想像できますよね。

猫背が原因で背中に脂肪がつきやすい

猫背の方は、背中に無駄な脂肪が定着してしまうことが多いと言われています。

猫背の人は背中の筋肉量が低下している証拠です。

姿勢が悪いと背中がより楽な方に固定されてしまって、背中の筋肉で引っ張るということをしなくなります。

それが、脂肪燃焼を妨げ、背中に脂肪を溜め込んでしまうのです。

猫背は確かに、人によっては楽ですよね。

力を使わなくてもできる姿勢なので、かなり楽です。

でも、その生活を続けていると背中の筋肉はどんどん衰えていくでしょう。

最終的には、背中に肉が付いてしまって、なかなか対処が難しい状況になることもあるかもしれません。

それと、猫背の人は背中の血行が悪くなることも多いです。

血行が悪くなっていくと筋肉が凝り固まっていき、脂肪の燃焼を妨げてしまいます。さらには老廃物などと複合して、セルライトなども出てしまうことがあります。

近年はデスクワークの方も多くなり、常に同じ姿勢の方もいますし、姿勢そのものが悪くなっている方も多いです。

そういう方は、背中に脂肪がつきやすいと言えるでしょう。

食べ過ぎ!?太り過ぎたらやっぱり背中に脂肪がついてしまう

太り過ぎが原因による背中の肥大化は、危険な状態だと言えます。

実際に太っている方は、普段から使わない場所に脂肪が溜まっていきます。

足や腕などに脂肪が付きにくいのは、普段から常に動かしているという方も多いからです。

しかし、太り過ぎると脂肪を蓄える場所がなくなり、背中などの普段から脂肪がつきにくい場所にも蓄えられてしまいます。

身体が太ってくると、ある一点だけに脂肪がつくのではなく、全身につくということを忘れてはいけません。

だからこそ、背中の脂肪には特に気を付けておきたいのです。

また、太り過ぎると運動をする機会も減り、さらに代謝が悪くなっていきます。

代謝が悪くなると身体の巡りが悪くなり、さらに脂肪燃焼効果も低下するのです。

その悪循環に陥ってしまうと、なかなか痩せることができなくなってくるでしょう。

普段摂取するエネルギー以上に運動をしていれば、太ることはありません。しかし、現代人の多くが摂取するエネルギーよりも、運動するエネルギーの方が少ないです。

その余剰分は、もちろん脂肪として蓄積されてしまいます。

背中の脂肪をとる方法・対策と背中の贅肉を落とす運動

背中に脂肪がついてしまった時には、しっかりと対策を進めていくことが必要となります。

今頭の中で「まだ大丈夫」「私は他の人よりは痩せている」と思っていませんか。

それは、背中太りの原因にもなってしまうので、まずは対策を進められるマインドを作っていくことが必要となります。

しかし、せっかく背中を痩せさせようと思っても、具体的な方法がわからなければ意味がありません。

言葉で説明してもなかなか難しいので、背中に関するエクササイズの動画を複数紹介しておきます。

まずはそちらを見てみて、自分にできそうなものからトライしてみてください。

背中ヤセ!すきま時間で効果アリ!

【短期集中!夏のムダ肉撃退ダイエット】背中編

さて、背中の脂肪を落とす筋トレ動画を見てみるとわかると思いますが、背中の筋肉は動かし方で鍛え方も豊富ということです。

ダイエットのためには、こういうエクササイズを重点的におこなっていくことが必要となります。

また、その他で背中の脂肪を痩せさせる方法は以下のようなものがありますので、そちらも試してみてください。

背中の脂肪に効く筋トレをする

基本的なことですが、脂肪を燃焼させるためには基礎代謝が重要となります。

背中の筋肉は鍛えにくいですが、全身の筋肉の中でも大きな部類です。

その背中の筋肉を鍛えると基礎代謝が高まり、脂肪が溜まりにくい身体になっていきます。

さきほど紹介した動画でも紹介されていますが、背中の筋肉を鍛えることは、脂肪燃焼を促進するのはもちろん、姿勢も良くしてくれます。

また、筋肉はポンプの役割も持っていて、血液循環も良くしてくれるでしょう。

強いては背中の脂肪を減らすのにとても役立ってくれるのです。

また、筋トレすることによって筋肉が背中の無駄な脂肪を引き締めてくれます。

見た目にも脂肪がたるんでいる状態ではなく、しっかりと引き締まった状態となるため、綺麗な背中にしてくれます。

ストレッチをする

ストレッチによって背中の筋肉を動かすことも重要です。

あまりバリバリ鍛えてしまうと、女性は「鍛え過ぎてゴツくなるんじゃないかな」と不安になることもあるでしょう。

背中の筋肉はただでさえ大きいので、ちょっとしたストレッチでも効果があります。

取れにくい背中の贅肉とおさらば!簡単ストレッチ

背中全体が動く間隔で運動していけば、脂肪燃焼も促進されるでしょう。

ストレッチ自体はとても簡単で、紹介した動画の方法で十分にストレッチになります。

筋肉はとにかく使わないと低下していくものなので、ハードなトレーニングが苦手という方は、ストレッチからおこなっていくと良いでしょう。

ダイエットをする

どんなに鍛えても、どんなに運動しても、食べる量が多過ぎれば太ることは否めません。

食事管理を徹底して、無駄な脂肪をつけない食生活を身につけることも重要です。

食べ過ぎてしまう方は、運動量より食事量が多くなり、結果的に背中にまで脂肪がついてしまうことも多いでしょう。

食事の量は、朝を多めにし、昼も多くて大丈夫です。ただ、夜は少なめにすることを心掛けましょう。

また、炭水化物は太る原因なので、意識的に少なくし、野菜を多めに摂取してください。

野菜には脂肪吸収を抑える効果があるので、野菜から食べるなど、食事の方法なども改善していくと良いです。

痩身エステサロンを利用する

最近では、痩身エステなども流行っていて、背中など気になる部位の部分痩せするということも可能です。

背中の気になる部分だけ痩せたいという方は、専門のエステなどにも相談してみると、解決策が見つかりますよ。

背中に脂肪がつきやすい原因は、加齢や猫背、食べ過ぎなど色々なパターンがあります。

日頃から運動やトレーニングを取り入れることで、背中に脂肪を溜め込まないようにしましょう。

また、場合によっては痩身エステなどを活用するという方法もおすすめです。

-部分やせ

Copyright© 本当に痩せるエステはどこ?!人気の痩身エステ・口コミランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.