体は細いのに顔が丸い悩みを抱えている方向けに、顔の脂肪の原因と顔やせ方法についてご紹介していきます。

部分やせ

理想的なフェイスラインを手に入れたい!今すぐできる顔の部分痩せ方法

投稿日:

人間中身が大切といいますが、やっぱり見た目も大事です。

特に自分の顔に自身がもてないと、うまくいく恋愛もだめになってしまう感じもします。

ここでは、体は細いのに顔が丸い悩みを抱えている方向けに、顔の脂肪の原因顔やせ方法についてご紹介していきます。

女性は顔に脂肪がつきやすい

毎日生活をしていく中で、そんなに暴飲暴食をしていないのに顔に脂肪が蓄積してしまうという人は少なくありません。

これにはいくつか理由があります。

もともと女性は赤ちゃんを産むように身体の構造ができており、どちらかというと内蔵よりも皮膚の下に脂肪がつきやすい傾向があります。

そして、それは子宮のある腹部だけでなく、身体全体としての傾向といえるでしょう。

これが、女性の身体が丸みを帯びている所以でもあります。

従って、男性よりも圧倒的に女性、とりわけ普段化粧をしたり、細かく身なりに気を使っている女性であるほど、顔の脂肪が気になるということになります。

ほかにもある、顔に脂肪がつきやすい原因

顔に脂肪がつきやすいのは、何も女性であるから、ということには限りません。

性別的な要因を加味しなくても、確実に原因があります。

最も大きいのは、加齢です。

歳をとるにつれて、身体は次第に新陳代謝の効率が悪くなってきますので、身体の柔軟性は低下しますし、老廃物は流れにくくなっていくでしょう。

肌は約1ヶ月で生まれ変わるといわれていますが、このサイクルもだんだん長く、そして仕上がりも綺麗ではなくなってきます。

こうした新陳代謝の影響のひとつとして、むくみという症状があります。

血管の隙間から出た血液は、組織の間を通って栄養を運びながら、やがてはリンパ管に流れ、いずれは静脈へと合流していきます。

しかし、血管のように勢いのある流れではなく、身体が老化してくると特にこの流れが滞りがちになり、組織に水がたまったままとなってしまうのです。

特に、顔という期間はほかの器官と比べてもさまざまな器官が密集しており、そして茎状も凹凸が激しいなど緻密でデリケートであったりします。

どうしても老廃物がたまりやすいことがよくわかりますね。

やはりむくみがあるとそれだけ顔が一回り大きくなりますから、太ったような印象を与えてしまいます。

そして、実際に今ある脂肪と老廃物が混ざってセルライトとなり、余計に分離しにくくなってしまうかもしれません。

もう一つ大切なことは、加齢により新陳代謝が低下すると、皮膚の張りが失われてくるということです。

張りを失った皮膚は重力に従って垂れ下がり、たるみを作るようになります。

また、誰しも多かれ少なかれ皮下脂肪を持っていますが、たるみがあるだけ顔の脂肪が目立ちやすく、特に首周りまで下がってきてしまうと、かなり太った印象を与えてしまうことがあります。

顔の筋肉とかかわりが大きい

意外なのが、顔の脂肪が笑ったりよくしゃべるという行為に関係しているということです。

性格もありますが、あまり笑わない人というのは、だんだんと顔の表情筋が固まってきてしまいます。

顔には20種類もの表情筋があり、これが微妙なコントロールをすることで成り立っています。

顔の表情筋

顔の表情筋

画像:大人のスキンケア教室

この筋肉が衰えてくると、顔全体ががくっと下がった状態になりますから、どうしても老けた印象、そして脂肪がついた印象を与えてしまうといわれています。

表面に張りがなくなった後は、前に説明したとおりですから、意外と馬鹿にできません。

それでは、いざ鍛えようと思っても、お腹や足などは簡単に方法が思いつきますが、顔面というのはどうやったらいいのか、どう力を入れたらよいのか見当もつかないという人がほとんどではないでしょうか。

no image
【太もも痩せたい】太ももに脂肪がつきやすい原因と対策、太ももの部分痩せ方法を紹介!

毎日がんばってトレーニングをしたり、食事に気をつかって、少しでもスリムな身体を維持するのは、女性にとって永遠の努力とも言えるでしょう。 今回は、太ももに脂肪がつきやすい原因と、太ももを細く引き締めるた ...

続きを見る

このように、いざ鍛えるということを考えても、顔面は力が入りにくく、そしてトレーニングしにくい場所であることがわかります。

顔の筋肉が落ちるのは最後

顔の脂肪が落ちにくいのは、それだけ中心にあるパーツであるからと言い換えることもできます。

通常ダイエットをしていくと真っ先にやせていくのは、手や足といったよく動く末端の部分です。

そこからだんだんと脂肪の燃焼がはじまり、最後に体幹と呼ばれる身体の中心に近い部分が燃焼していきます。

その中でも、燃えにくいといわれているお腹やお尻などよりも遅く、最後にやっと燃焼されるのが顔であることが多いのです。

実際には、早い段階から刺激も加わっているでしょうが、何よりも人の顔という部位はほかの人から見られやすい、観察されやすい部位であり、自分でもしょっちゅう気にする部位であるだけに、ちょっとした戻りなどにも敏感に気づいてしまうほか、他の部位よりも顕著にやせないと達成感が得られないというのは一理あるのでしょうね。

顔痩せするためのダイエット法

では、実際に落ちにくい顔の脂肪を落とすには、どのような体操が効果的なのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

1:頬を鍛える

顔のたるみを改善するためには、表情筋を鍛えることがとても大切です。

自宅でも簡単にできる、表情筋を効果的に鍛えるトレーニングを行っていきましょう。

唇を突き出して丸め、「お」型になるようにしましょう。

思いっきり突き出してください。

この状態で、口を少しずつ下げていきます。

これとは対照的に、顔の頬を上げていきましょう。

ちょうど口を起点にして笑顔のように筋肉を動かすということですね。

しばらく力を入れてキープしたら、一度楽にして休憩しましょう。

これを繰り返します。

2:頬を鍛える2

表情筋を鍛える方法はほかにもあります。

何より、表情筋がこわばっていると笑顔がぎこちなくなってしまうことが有名ですね。

そこで、笑顔にはかかせない口元の上がりをサポートしてあげましょう。

口の片端、口角をぐっとちからを入れて、上にあげてください。

この時、目を瞑っているのがポイントです。

しばらくキープしたら一度休憩しましょう。

右が終わったら、静かに戻していきます。

今度は反対の左をやってみましょう。

意外と簡単なので、お風呂上りなどに継続してできるところがポイントです。

大きな動きもないですから、ぜひ実践しましょう。

3:顔のマッサージは効果大

顔の肉付きの中でも、とくにあごのラインに近い部分はかなり目立ちますし、もっとも脂肪やたるみが起こりやすい場所です。

ここを効果的に伸ばすことで、小顔を実現していきましょう。

小顔リンパマッサージ1

動画も参考にしてみてください。

手の付け根をちょうど左右の頬骨にあて、そこから左右の首のほうへ流すように引っ張っていきます。

左右の端までいったら、一度手を離し、そしてもう一度頬骨の位置から開始しましょう。

全部で数十回、自分で回数を決めて、ゆっくり確実に行っていくことが大切です。

これで、顔や顎にたまっていた老廃物を効率よく流すことができるとともに、たるみや脂肪を首のほうに避ける働きもあります。

また、法令線も同時に延ばすことができるので、一石三鳥、かなりお得なマッサージといえそうですね。

4:痩身エステ

家で必死に体操をしても、なかなか効果が上がらない人には、思い切って痩身エステにいってみるというのもひとつの方法です。

エステでは、自分ではうまく力が入らない角度でも、第三者かつ施術のプロであるエステティシャンが適切にマッサージをしてくれます。

その上で、いくつもの効果が期待できるマッサージや薬品などを組み合わせて、最適な状態で、確実に脂肪を落としてくれるというのがすごいところです。

自宅でのケアも学べますから、あまり詳しくない人は一気にここで施術と知識を吸収してしまいましょう。

 

いかがでしたか?

顔やせについてまとめましたが、小顔になりたい、というのは、みんなの夢ではありますが、やはりそこいたるまでには、さまざまな方法を実践しないといけないということがわかりますね。

是非とも情報を参考にして、効率的に脂肪を落とし、理想的なフェイスラインを手に入れてみてください。

-部分やせ

Copyright© 本当に痩せるエステはどこ?!人気の痩身エステ・口コミランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.