運動しても何しても痩せない!そう諦めていませんか?今話題のキャビテーションをご存知ですか?超音波を使ってキャビテーション現象を脂肪細胞に対してあたえることで、痩身効果が得られるとして口コミでも評判です。ここではCavitation (キャビテーション)の効果や副作用、メリットやデメリットについてまとめてます。

切らない脂肪吸引!話題の「キャビテーション」とは?効果やメリット・デメリットを徹底解説

そもそもキャビテーションっていったい何?!

痩身エステのキャビテーションとは

今話題のキャビテーションですが、痩身エステやダイエットに興味のある方なら、一度は耳にした事があるのではないでしょうか。

もともとは、19世紀末に発見された物理的な現象の事をさしています。

物理現象であるキャビテーションを解説しようとすると、ものすごく膨大な量になってとてもここには書ききれません!

そこで、ごくごく簡単にいうなれば、炭酸飲料の容器を振ってから開けると、容器の中の圧力が下がり発泡します。

こういった事も一般的にキャビテーションと言われます。

それがダイエットにどう関係があるの?と疑問がわいてくるかと思います。

キャビテーション現象によって発生した気泡が潰れる時には、とても高い衝撃圧が生まれます。

その事によって、例えば飛行機の翼が傷だらけになってしまったり、船のスクリューが壊れてしまったりもするのです。

もちろん、そういった事がないよう、キャビテーションを計算した上で飛行機や船は設計されています。

こんなすごい衝撃を持ったキャビテーション現象を、超音波を使って脂肪細胞に対して再現し、エステに取り入れているわけです。

すごいですね。効果が高そう!と思った方も多いのではないでしょうか。

さて、エステ、といいましたが、キャビテーションはエステサロンと美容クリニックの両方で行われています。

最近では家庭用のキャビテーションも販売されていますね。

クリニックでのキャビテーションは医療行為になり、使われるキャビテーションマシンも医療機器になります。

一般に医療機器として使われているキャビテーションマシンの方がパワーが強いとされています。

しかし、エステサロンで行われる施術は、痩身のプロフェッショナルとして、脂肪を燃焼させるノウハウがたくさん詰め込まれていますので、医療行為にはない痩身効果が期待できます。

また、かかってくる費用も異なっており、クリニックではキャビテーション単体施術で3~4万円ほどとと言われています。

一方エステサロンのキャビテーションコースでは、ホットジェルやサーもシェイプによる温感、リンパドレナージュで痩身を促す施術も込みで7千円~3万円とリーズナブル。

どちらが自分に合うかは、立地条件やコスパなどから判断してみてはいかがでしょうか。

それではキャビテーションの効果やメリット・デメリット、悩んでいるなら受けた方がいい理由まで解説していきたいと思います。

キャビテーションってどんな効果やメリットがあるの?

キャビテーションは部分やせにおすすめ

ダイエッターの方が最も多く抱えている悩みとは、部分痩せがなかなか実現出来ないという事ではないでしょうか。

つらい腹筋、仕事で疲れているのに毎日なんてとてもできませんよね。

部分痩せの為にランニングなんて的外れだし・・どんな運動をしていいものやら分からずに諦めてしまっているという人も多いのではないでしょうか。

全体的な体重減は、簡単な運動や食事制限などでも実現できますが、引き締まった太ももやたるみのない二の腕、タイトなスカートを履いても目立たない下腹のお肉等々、目指している体形にはなかなかなれなくてというのが多くの方の悩みでしょう。

キャビテーションなら、気になる部位にキャビテーションマシンをあてる事で、脂肪細胞に対しキャビテーション現象を起こす事が出来ます。

体外から超音波で振動を与える事で、内部で脂肪が小さな気泡となり、それが潰れる時に衝撃が生まれ脂肪が破壊される、といったイメージです。

キャビテーションマシンは小型なので、気になる部位を狙いうちする事が可能になります。

セルライト

また、長年の脂肪の蓄積で見た目にも気になるセルライトが悩みの原因という方も多いと思います。

キャビテーションはこのセルライトにも効果的に働きかけてくれるので、ミミズ腫れのようで見た目にも気になっていたセルライトも、施術後には滑らかに整ってくるという効果も期待できるでしょう。

キャビテーションでは脂肪細胞そのものを破壊してしまうので、リバウンドしにくいと言われているんです!

これは長年リバウンドで悩んでいた人には朗報ですし、リバウンドするごとに再び施術を受けて費用がかさむ、といった事からも解放されます。

施術から数日間は脂肪が溶けだした状態で、通勤で歩いたり、階段の上り下りなどでも普段より脂肪が燃焼しやすい状態。

まさにダイエットのゴールデン期間といえます。

このように、キャビテーションの効果はメリットが殆どのように思えてしまいますので、やらない理由って何かあるの?と思ってしまいそうですね。

どんなダイエット方法やエステもそうですが、残念ながら万能ではありません。

キャビテーションにも弱点やデメリットは存在します。

次ではキャビテーションのデメリットを見てみたいと思います。

メリットはたくさんあるようだけどデメリットは?似たようなものは他にないの?

先にも触れましたが、キャビテーションのメリットは、気になる部位に効果的で、さらにセルライト改善にも効果が期待できる、リバウンドしにくいなどをあげました。

こんなにメリットだらけに思えるキャビテーション、やらない理由って逆に?と聞きたくなるほどですが、メリットがあればやはりデメリットも存在します。

ここではそのデメリットについても触れたいと思います。

施術経験者の多くが言われるデメリットが施術中の「音」についてです。

この音は、骨伝導といって、超音波が骨に伝わって、施術者の耳に直接聞こえてくるもので、他の人には聞こえません。

音が大きいほど超音波の出力が強いという事なので、効果が高いと言われるようです。

前向きに考えるなら、脂肪が燃焼している音だ!と耐えてみるという方法もありますが、
少し不快感を覚える音のようなので気になる方はあらかじめサロンへご相談した方が良いでしょう。

キャビテーションマシンのヘッド部分にカバーをかぶせるなどしてくれるところもあるようです。

メリットとして挙げた部分痩せ、ですが、キャビテーションは全身痩せとなるとちょっと不向きと言えるでしょう。

キャビテーションを取り入れているエステサロンの多くは、1部位○○円といった形でサービスを提供しているようです。

ですので、全身をキャビテーションで痩身しようと思うとコスパが悪くなってしまうと言えます。

また、キャビテーションは超音波で脂肪組織を破壊していく事から、それまで張りつめていた脂肪組織が破壊され、皮膚が弛んだように見える場合があるようです。

これは他の痩身エステでも起き得るデメリットですので、サロン選びの際にはアフターフォローがしっかりしているところを探した方がよいでしょう。

キャビテーションの仕組みは先にも触れた通りですが、流れ出た脂肪細胞は、いったん体内に溶け出し、肝臓に集められて排出されますので一時的に肝臓に負荷がかかる事もあるようです。

より効果を得るためには、肝臓に負担がかかる飲酒やタバコなどといった行為は控え、健康面にも留意する必要があると言えます。

せっかくきれいなボディを目指してキャビテーションを受けるなら、せっかくなので身体によくない事も控えて内側からもきれいを目指してはいかかでしょうか。

口コミでは、即効性を感じている方もいらっしゃるようですが、簡単なマッサージなどでも実施前後では一時的に細くなることがあります。

キャビテーションも同様に、超音波の振動でマッサージ効果もある事から、一時的に細くなるように実感する方もいらっしゃるようですが、確実に効果を得るためには数回の施術が必要となるようです。

キャビテーション以外に、超音波を使った、施術者に負担の少ない方法としては「ウルトラアクセント」というものがあります。

ウルトラアクセントイスラエルの会社が発明した医療機器で、これまでの「縦波」しかなかった痩身機器の超音波に、「横波」を加えた事で、よりピンポイントな脂肪細胞への働きかけが可能になったそうです。

ただ、こちらの方法は機器のヘッドがとても小さいため、照射にとても時間がかかるそうです。

また施術する医師の熟練度によって仕上がりに差が出来たりしてしまうようで、キャビテーションに比べてまだまだ一般的とは言えないようです。

もう一つは「ライポソニックス」というもの。

高密度焦点式超音波というものを皮下脂肪に照射、破壊して排出するという方法だそうです。

こちらは1回の照射で高い効果が得られるという事ですが、施術中にチクチクした痛みがあったり、終わった後に青あざのような内出血後が出来たりして、ダウンタイムが必要となるようです。

痛みを伴ったり、時間を置けば消えるとはいえ、あざが出来たりするのは怖いですよね。

このように、キャビテーション以外にも似たような施術方法のものもありますが、それぞれにメリットやデメリットが存在します。

コスパや効果、ダウンタイムの有無などから見てもキャビテーションは優秀だと言えそうですね。

具体的にキャビテーションで効果を得るために要する時間や回数は?

1回で得られる効果ですが、これには個人差があるようです。

最初の1回目から効果を実感したという方もいらっしゃるようですが、個人差もありますし、生活環境がそれぞれ違いますので一概に即効性アリ!とはならないようです。

また、先にも少し触れましたが、キャビテーションの痩身効果は、破壊された脂肪細胞が体内に溶け出し、肝臓に集められて代謝されます。

早く効果を得たいからと、一度にたくさんの脂肪を溶かしてしまっては、肝臓への負荷が大きくなり大変です。

ですのでサロンでも数回に分けての施術をしているところがほとんどのようです。

施術の効果だけに頼らず、肝機能の向上につながるような生活を心がけている人にはより効果が実感できるのかも知れません。

尚、大体の方が1回の施術では1センチ程度細くなったようだと感じているようです。

また、1~3回目くらいで痩せて来ていると実感するようで、理想の体型になれた!という実感までは2~3か月はかかるようです。

より効果を得るためには、3日~4日に1回くらいの頻度で通うのが良いようです。

肝臓への負荷を考えながら集中して通うためにはこれくらいの間隔をあける事が望ましいと言えます。

キャビテーションの1回の施術自体は2~30分と非常に短く、その点でも通いやすいと言えます。

それでも日々忙しく、なかなか時間が取れないという方もおおくいらっしゃるでしょう。

それでも効果を実感した、という方はたくさんいらっしゃいます。

キャビテーション施術は2週間に1回程度にし、後は自分で工夫して、運動などの相乗効果を得る事で痩せやすい身体づくりをし、理想体型へ近づくという方もいらっしゃいます。

キャビテーションを実施してからしばらくは、脂肪が溶けた状態にあるのでとても痩せやすくなっていると言えます。

この期間には、積極的に運動を取り入れたり、水分補給や野菜中心の食事を心がけるなど、代謝を促す気遣いをする事でよりキャビテーションの効果を実感できます。

水分を多くとる事で代謝を促せば、肝臓の働きも高まり、より脂肪を輩出してくれます。

いくら効果の高いキャビテーションを受けたからといって、油の多い食事や不摂生などして肝臓に負担をかけていては意味がありません。

これは集中的に通える環境の人にも同じことが言えます。

やらない理由が見つからない?!キャビテーションを受けた方がいいわけとは・・・

いかがでしょうか。

今まさに、ダイエットで悩んでいる方には、キャビテーションをやらない理由が見つからないのではないでしょうか。

ちなみにキャビテーションはその効果や安全性から「切らない脂肪吸引」とも呼ばれているほど。

脂肪吸引では切ったりするので痕が残り、躊躇する方も多いでしょう。

キャビテーションなら切ったり縫ったりする事もなく、したがって傷跡も残りませんし、薬剤等も使用しませんので副作用もありません。

リバウンドのリスクも低く、今まで独自の運動では実現しにくかった部分痩せに効果が高い、見た目にも気になっていたセルライトも壊してくれるといった部分もポイントが高いですよね。

寝ているだけで理想の身体に近づけるなんて、本当にやらない理由が見つかりませんよね。

今ならたくさんのサロンが大注目のキャビテーションを実施しており、中にはキャンペーンなども行っているようです。

キャビテーション単体ではなく、温めて脂肪の排出を促す効果を取り入れていたり、カウンセリングに力を入れていたりと様々です。

悩んでいるなら今すぐいくべき理油とは、やらないで悩んでいるだけなら太ったままですが、キャビテーション体験した後には痩せやすくリバウンドしにくい身体が待っています。

まずは自分にとって通いやすいサロン探しからはじめて見て下さい。

本当に痩せるエステ ランキングTOP

「キャビテーション」 一覧

キャビテーション

キャビテーションって痛いの?キャビテーションの痛みについて

2017/08/31   -キャビテーション

痛くない、安全、切らない痩身術『キャビテーション』 痩身美容は強いマッサージや吸引などの施術も多く、とても痛いイメージが付き物です。 そのイメージの為に、『切らない脂肪吸引』と言われるキャビテーション ...

no image

キャビテーションっていくら?キャビテーションの料金相場を徹底調査

2017/08/31   -キャビテーション

痩せたい願望が強い現代の女性たちの強い味方・・・痩身エステのキャビテーションです。 キャビテーションは、効果もあり即効性が高いので、人気は高まるばかりです。 しかし、まだキャビテーション未体験の方が1 ...

Copyright© 本当に痩せるエステはどこ?!人気の痩身エステ・口コミランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.